10/23 空き家対策セミナー in砺波

2019年10月21日

秋も深まり、民家をみれば庭には柿がたわわに実っているのをよく見かけます。ずっと物欲しそうに見ていると、柿泥棒と間違われそうなので気を付けないといけないですね。

 

さて最近 秋の穏やかな天気のなか散歩をしていると、空き家を多く見かけます。手入れのされていない庭や窓越しに見える破れた障子紙。少子高齢化や過疎化もあって数も多くなっています。空き家は年々増え続け、昨年行われた総務省統計局の調査では「全国で848万9千戸と3.6%増加、空き家率は13.6%と過去最高」となっています。もちろん賃貸住宅の空いている部屋や売却用としている住宅もありますが、「その他の住宅」として長期にわたって不在となっている家などが「30万4千戸」と前回調査より9.5%増となっています。

平成30年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計より

 

思い出が詰まった家は簡単に取り壊したくないというかたも多い反面、空き家をどうしたらいいのかわからず放置しているというかたも多いのではないでしょうか。

 

毎年行われている『空き家対策セミナー』。砺波会場は今年10月23日(水)に開催されます。場所は砺波まなび交流館 視聴覚室、時間は13:30-16:30です。当日は宅地建物取引士だけではなく司法書士や税理士のかたにもお話が聞けます。

 

昨年の砺波のセミナーは大変好評だったらしく、沢山のご相談を受け付けていたそうです。

 

ほほえみ不動産もセミナー開催のお手伝いをさせていただいております。お悩みの皆様の一助となればと思いますので、お時間のあるかたは是非ご参加ください。

 

 

空き家イメージ(小)

空き家対策セミナーチラシ

空き家対策セミナーチラシ表

 

空き家対策セミナーチラシ裏

砺波まなび交流館